Lesson5ポーチ

型番 YSHK05
販売価格 9,600円(税込10,368円)
購入数
カラー

側面に幅を持たせた容量たっぷりの袋型のポーチです。
口回りはテープを巻いて仕上げており、コバを出すよりも少し上品な雰囲気になります。
ファスナーの引手はタッセルタイプの作り方を紹介しています。
大きめサイズなので、クラッチバッグとしても使えますよ。

◆作れるアイテム:ポーチ1個
◆仕上がりサイズ:約 縦幅120mm × 横幅 280mm ×マチ幅 75mm
◆教科書:イチバンよくわかる革小物とバッグの教室
 ※ポーチはp80〜p91に掲載
◆キットの中身:牛革/縫い糸/ファスナー/丸カン/型紙/手順書
◆必要な道具:定規/カッター/糸切りハサミ/金づち/布/ライター/丸ギリ/紙ヤスリ/ジラコヘラ/手縫い針(2本)/ネジ捻/木づち/菱目打ち/木工用ボンド/ビニール板/ミツロウ/ゴムのり/別裁ちor革裁包丁/染料クイキリガラス板オールマイティープレート
◆あると便利な道具:レーシングポニー/フチ捻
 ※赤文字の道具が●お道具セットに入っています。
 ※青文字の道具は単品でご購入頂けます。
◆注意点
 ※縫い糸は革と同系色の色をセレクトしてお届けします。
 ※ファスナーの色は、当店でセレクトします。
 ※本革のため、多少の傷やしわ、すじ、色むら、色ぶれ等がございますがご了承ください。
 ※道具は代用品での製作も可能です。
 ※PCのモニター設定等により、実際の色と異なる場合がございますが、ご了承ください。

< 当ショップで購入できるもの >

●お道具セット
レザークラフト手縫い道具セット”ファースト”
※これからレザークラフトを始める方にピッタリの必須アイテムが20点揃っています。

●教科書
イチバンよくわかる革小物とバッグの教室
※詳しい作り方と原寸大の型紙が収録されています。初心者の方は一緒にお求め頂くことをおすすめします。










Lesson4の「コインケース」と同じ、袋にファスナーをつけた作りですが、側面に幅を持たせたことで容量たっぷりのポーチになっています。口回りはテープを巻いて仕上げており、コバを出すよりも少し上品な雰囲気になりますよ。
ファスナーの引手はタッセルタイプの作り方を紹介しています。
肉厚でしなやかな革をたっぷり使った贅沢な作品になりますよ



1.立体的な作りの構造を理解しよう
2.口周りをテープで覆う手法をマスターしよう
3.タッセルの作り方を学ぼう

スタイルもグッと本格的になっています。
口元の仕上げがテープ巻きなので、上手に作れば、売っているものと見分けがつかないくらいの見栄えが目指せますよ。



肉厚なドイツシュリンク
肉厚ながらしなやかさも伴う、ドイツシュリンクを使っています。
コインケースでも使っている自然なシボのある上品で雰囲気のある革で、ふっくらとしたボリューム感が大切な、このポーチにピッタリな革なんです。
クラッチバッグとしても使えるほどの収納力と、持った時の存在感は、なんとも贅沢ですよ。


1.胴パーツを作る
・本体(胴パーツ)用の革に型紙を写してカットする
・本体の裏面は口元を7ミリ、その他の部分を15ミリ幅で漉く
・本体の表面は口元を7ミリ、その他の部分は4ミリ幅でカッターの背などで荒らす(革裁包丁などで軽く削ってもよい)
・表面の底の一辺のみゴムのりを塗り、表面を内側にして貼り合わせる
・貼り合わせた辺の裏面を5ミリ幅で縫い、両端は縫い割りをする

2.縫って袋型にする
・底マチとなる部分の両脇の辺(へこみの内側)にコバから5ミリ幅で縫い穴をあける
・本体の表面の両サイドにゴムのりを塗り、表を内側にして貼る
・5ミリ幅で縫い両端を縫い割りしたら、底マチの両脇の辺を貼り合わせ、先に空けた縫い穴を丸ギリで貫通させながら縫う
・裏返して形を整える

3.ツマミとファスナーを貼りつける
・ツマミ用の革を2枚ずつ貼り合わせ型紙を写して型紙どおりにカットする
・カットしたツマミの曲線部分を口元から7ミリを残して縫い、縁に紙ヤスリをかけ、染料で染めたら熱で溶かしたミツロウを染み込ませて布で磨いて整える
・ツマミの口元の裏面を7ミリ弱の幅で漉き、表面を6ミリ荒らしたらツマミを本体の両サイドに貼る
・ファスナーの長さを出来上がり寸27センチで作り、本体口元裏面に縁を揃えて貼る

4.口元にテープをつける
・テープ用の2本の革を10ミリ幅で重ねて貼り、720ミリの長さにカットする
・ネジ捻で本体口元に8ミリ幅で線を引き、線に合わせてテープを口元に被せ、両側のコバが同じ高さになるようにテープ幅をカットして調整する
・テープの一方の端の表を10ミリ幅で漉く
・テープの両サイドのコバを磨いて仕上げ、片側のコバのみ3ミリ幅で縫い穴をあける
・本体口元の表裏8ミリずつとテープの裏面全体にゴムのりを塗り、縫い穴が外になるようにテープを一周貼る(10ミリ漉いたところに革が重なるように長さをカットして調整し貼る)
・丸ギリで縫い穴を貫通させながら口元を縫って本体を完成させる

5.引手(タッセル)を作る
・型紙から各パーツを切り出す
・中心ひもに直径5ミリの丸カンを通し半分に折って貼る
・本体も型紙を参考に半分に折って貼ったら、折り目側を3ミリ間隔で平行に切り込みを入れていく(20ミリだけ切らずに残して切り込みを入れる)
・残した20ミリ幅の部分を荒らしてゴムのりを塗り、巻きながら貼る
・貼った20ミリ幅の部分に帯を巻いて貼る(帯の長さは一度仮に巻いてみてちょうど良い長さに調整しておく)
・丸カンをファスナーのスライダーに留めて完成



ヨコハマセリエの先生による、ちょっとしたコツを紹介します!作るときは是非こちらも参考にしてくださいね。

持ち歩けるしっかりした作りで、ポーチというよりお洒落なクラッチバッグって言った方が良さそうですね!
バッグの第一歩です。うまく完成できると高級ブランドに引けを取らない作品になりますよ。

ここでは内縫いやファスナーの復習をしてみてください。この作品で身についてくると思います。
口元のテープは2本の革を繋いで1本の長いテープにして使ってください。
上手にここが縫えるには丸ギリを刺す角度に気をつけながら進んでくださいね。
いつも同じ角度で刺し、テープの同じ位置に穴があくと裏の縫い目もきれいに縫えますよ!
最後のひと頑張り。丁寧に丁寧に穴をあけながら縫い上げてくださいね。
見栄えを左右するとこなのでここで頑張ってくださいね!

Your recent history

About the owner

Yokohama Sellier (ヨコハマセリエ)

ヨコハマセリエは革のお教室です。 東京青山と横浜元町にて開催しています。 ヨコハマセリエ お教室ホームページ

Blog

革のお道具図鑑